環境省

環境省

環境問題に対処する象徴

大谷氏が最も政界人として活動していた時期の中で、現在のところ最盛期として活動していたのは環境省の環境大臣政務官として活動をしていたときのことです。環境省とは何かと疑問に思う人が少ないと思いますが、ここでは少しそんな環境省について話をしていくことにしましょう。環境省が主に取り組む政策としては、文字通り環境問題を中心とした政策関係を主に担当することになります。環境といっても幅広いですが、地球規模での環境保全を目的にした国内だけでなく世界規模での活動や、かつて日本でも産業化の発展に伴って発生した公害という人間が作り出した毒で再びの日本に混乱が起きないように観測する役目を担っているなども担当しています。日本国内に現存している自然環境の保護や整備などの環境関係も担当していたり、またここでは最近何かと問題視されていますが、原子力を研究し、開発と利用するためにおいて安全に利用するためにはどうしたら良いのかということも日夜話され続けているのです。環境という言葉で人くくりにしていますが、意味は広しということです。業務内容を全て把握している人も中々いないと思いますが、それでも調べてみると結構面白い情報があったりするので調査という名の情報収集をすれば今まで知らなかったことを知ることが出来るかもしれません。

環境省が誕生するまでの歴史

そもそも環境省が誕生することになったのは、やはりこれも四大公害が発生した高度経済成長期の時です。この頃は日本も発展するために躍起になっていたことでしょうが、その産物として人間が自ら作り出してしまった毒素を口にして体内に取り込んでしまった人々は苦しめられることになりました。日本の歴史の中で公害という問題を正式に発見し、定義づけたのは1956年のことです。この頃になるとようやく政府も公害が起きている周辺地域で何が起こっているのかという事実を確認することになります。

それから8年後という時間の後にようやく公害対策推進連絡会議を設置するというなんとも対応の遅さに呆れてしまいます。この間に一体何人もの人間が死んだことになるのかと考えたら、政府がいかに国民の一般市民に該当する人々をないがしろにしていたのかというをはっきりと認識できるでしょう。それから急激に公害に対する公害対策基本法が施行され、内閣にも公害対策本部を設置するなど動きを見せることになるがこの頃には公害は社会問題というレベルの枠を超えた日本国内でも当時は世間を震撼させた一大事件として見て問題ないでしょう。

事態は深刻になっていく一方でようやく1971年、環境省の原形でもある『環境庁』が誕生することになったのです。水俣病が発見されてから15年、あまりにも長すぎる時間でしょう。このような対応の遅さでは公害のために家族を失った遺族達はやりきれない思いに苛まれたでしょう。しかしそれでも日本に環境問題に対することを主流にしておくことになる庁が設置されたことによって、環境問題に対してようやく向き合うことになったのです。

それから30年後の2001年、環境庁は『環境省』へと生まれ変わることになり日本の国政においても重要な問題を扱う機関として現在の形になっているのです。

現在の原子力に関する主力業務を担っているのは、2012年に施行された『原子力規制委員会設置法』によって、『原子力の研究、開発及び利用における安全の確保』を環境省で担当する問題として取扱うことになったのです。元々原子力安全基盤機構が環境省を主管としている機関として活動していることも関係しているでしょう。今日本国内において原子力と今後どう向き合っていくべきかという諸問題を取扱っていくためにはこの環境省なくして成立することはないでしょう。初めこそ公害対策から誕生することになった環境庁でしたが、現在までに公害はもちろん、日本全土の自然問題にさらに東日本大震災をきっかけにした原子力発電所の利用についてなど、まさに私達の生活において今後ドンドン話をしていく必要がある問題を多く抱えていることになっている。まさかここまで巨大な機関になるなど、当時環境問題を楽観視していた政治家たちはさぞ驚いているのではないでしょうか。

選挙行こう

環境省の財政事情

環境省が持っている一般会計予算の使い道は基本的、というより原則として環境問題関係に使われている、その中でもやはりここ1,2年においては原子力に関係しているものに関しても全体の12%前後を割いているところを見れば、それだけ現在国内において原子力というものとどう向き合っていくべきなのかということを問題にしているのがよく理解できるでしょう。原子力を使わないクリーンな資源エネルギーの開発が急がれている声もあるが、実質的な問題として日本という自然エネルギーを生み出すにはどうしても中々現実的になし得る事のできない土地柄ということもあって、原子力から完全に逸脱することはあまり賢い方法ではないといえるのは現状を考えても分かるとおりでしょう。

これから数年の間はずっと原子力に対する存在に対して否定的な考えを持っている人が増えていくと思いますが、環境省がどのような結論を出すことになるのか注目していきましょう。

政治ニュース